旅館・ホテル・用途変更 専門の一級建築士事務所

企画から建設・運営までワンストップサポート!

01 旅館業は可能な場所か?

立地によっては民泊の運営が出来ない場所があったり、申請条件を全て満たすために事前チェックが必要な事もあります。営業許可を得るためには、事前に保健所を窓口に、ラフ設計案をもとに意見を聞きそれを反映させて許可申請することになります。民泊の営業許可の取得と事業性の高い運営を目指して、その設計と運営についてサポート致します。



02 事業性と運営スタイルは?

敷地情報から建設の可能性をご判断。建設可能であればご要望を伺い、計画案を作成します。

用途変更の場合は可能性を図面と現況から判断します。

保健所・消防署・建築課の役所事前協議を行い、役所事前協議に必要な計画図を作成します。



03 競争力のオリジナリティ

申請代行・運営・調達など、合法的にホステルを運営するための関連業務もお任せください!


豊富な経験と実績

PLAYSIS ASAKUSA

2世帯住宅からバリアフリーホテルに用途変更

PLAYSIS EAST TOKYO

事務所併用住宅からポシュテルに用途変更

南麻布の家

専用住宅から1室旅館に用途変更


3Dでデザイン・VRで実感