あだち産業センター

 東京芸術センターの建設に伴い、区内産業振興のため建設された。庁舎には区内の中小企業や創業を支援するための相談窓口や、会議室・情報コーナが設けられた。東京商工会議所足立支部も移転することとなった。
 そのためフロアーごとに用途はまとめられ、セキュリティ・設備管理も各階で管理できるものとなった。将来の使用変更に備え、当然のことながら設備ルートは確保される。
 庁舎らしく清楚でシンプル、しかもコンパクトに。それが故、執務空間の最大化と、動線・水回り・機械スペースなどの最小化。屋上を含む外部は設備スペースとして有効利用された。(㈱村井敬合同設計にて担当)