マリアの御心子女会会館

 修道院として使われる元首相邸宅も老朽化が激しく、現状調査を行うこととなった。結果、改修によっても機能の回復は困難であり、近代建築史の学者による見識も、保存するには値しなかった。とはいえ、建物内には趣向を凝らした逸品もあり、これを残し、新築の一部に再利用することにした。新しい建物の中で再生され、ここに生き続け、かつての記憶を思い起こさせてくれる。貴重な存在である。
 (㈱村井敬合同設計にて担当)