松濤コートハウス

インターネットの募集に応じた6世帯からなるコーポラティブハウスである。地下1階地上3階、各階2世帯ずつ、最上階はメゾネット。都心の密集地ゆえ、特に周辺へのプライバシーは厳しく、外部空間を確保するため、名前のごとくコートハウス(光庭)やバルコニーテラスが設けられた。
 周辺への配慮ため窓は細め、ガラスは不透明。息苦しさをコートハウスとバルコニーテラスが解消してくれる。そこに面する開口は可能な限り大きく設けられた。その中央に渡り廊下が掛けられ、住戸内にパブリック的なエリアとプライベイトなエリアが生まれた。(㈱村井敬合同設計にて担当)