西ヶ原S邸

 世代が暮らす完全分離型の2世帯住宅である。南面の狭隘道路からはセットバックを余儀なくされ、北側斜線と合わせて、両方から斜線制限をうけてボリュウムを確保することとなった。
 しかも、南側に2台駐車可能なパティオを設けてである。このパティオ、円形上に建物をくりぬいている。そのため壁の周長は長く、多方向からの光が、時間の経過とともにいろいろと表情を現す。そして、ここが2世帯間のコミュニケーションを、何気なく容易にさせる装置となっている。お互いの気配や音、相手を思う意識がそうさせているのかも知れない。
 (㈱村井敬合同設計にて担当)