民泊の安全措置はチェックリストを活用して、必要かどうか判断しよう!

民泊ビジネスを行う際、避けて通ることができないのが、安全措置の適用要否です。安全措置を適用する必要があるのか判断するツールとして、チェックリストを紹介していきます。チェックリストを活用することで、スムーズに申請が行えるようになりますので、ぜひ参考になさってください。

安全措置の適用要否を確認する方法とは?

安全措置の適用要否を正確に判断するためには、今回紹介するチェックリストを活用することをおすすめします。

 

チェックリストでは、民泊で使用する建物の種類や規模などから、4つのパターンに分類しています。そして、それぞれどのような安全措置を講じる必要があるのか、表にまとめて紹介しています。

 

 

手こずってしまう安全措置の適用要否も、チェックリストでスムーズに解決することができますので、ぜひ参考にしてください。

安全措置に関するチェックリストを紹介

安全措置を講じる必要性を知るために確認することは、大きく分けて以下の3点です。

住宅の種類を確認

一戸建て住宅、長屋住宅、共同住宅、寄宿舎など

家主同居の確認

家主同居かそうでないか

宿泊室の床面積の確認

50M2を超えないか

(ここで言う宿泊室とは、宿泊者が就寝の際に利用するスペースのことです。)

 

上記3点より、以下の4パターンに分けることができます。

 


民宿がどのパターンに属するかわかれば、以下の表でパターンに応じた安全措置の適用要否を確認しましょう。

非常用照明の設置  防火区画の設置 その他安全措置
A ×
C × × ×
D
  • A:一戸建て住宅もしくは長屋住宅、家主同居、50m2以下
  • B:一戸建て住宅もしくは長屋住宅、家主同居で50m2以上もしくは家主同居でない
  • C:共同住宅もしくは寄宿舎、50m2以下
  • D:共同住宅もしくは寄宿舎、家主同居で50m2以上もしくは家主同居でない

民泊を営業する際には、安全措置の適用要否の判断がとても重要になります。しかし、安全措置の適用要否の判断はやや複雑な仕組みになっており、判断を誤ってしまうことがあります。安全措置について気になる方は、今回紹介したチェックリストをぜひご活用ください。

 

建築コンシェルジュ合同会社では、旅館業専門の一級建築士がホステル・民泊の企画から申請代行、運営までサポートしています。民泊に関する条例や指導、交渉なども熟知していますので、民泊申請に関してご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

【関連コラム】民泊の用途地域・用途変更について

【関連コラム】民泊(旅館業)ビジネスとは

【関連コラム】民泊セルフチェック