コロナにも負けず、

一緒に頑張りましょう。

ご相談無料受付中


ゼロから始める民泊ビジネス

 用途変更で 空室を 満室へ

※旅館営業許可には建物の合法性が必要です。床面積が200㎡を超える場合は建築確認申請が必要です。

NEWS

簡易宿所から旅館へ

他の部屋に移動したいときは 左下のL型の立体(View Dollhouse)をクリックすれば全体が見れます。それから、移動したいところをクリックします。

 オフィス併用住宅のペンシルビルを簡易宿所・ドミトリースタイルに用途変更して運営始めてから2年。現在、アウターコロナに備えて、個室・旅館に改修工事が進められている。。

 施設は5階建てで内2・3・4階が一人用のベッドが2段積まれ、5階はラグジュアリな個室とグループ向けのブースで構成された簡易宿所100ベッドが、1フロア4人×3室・計48人・12室の旅館に生まれ変ろうとしている。 

 

 360°写真を合成したら、空間が連続的に、これは新しいツールになる。


こんな方に効果的

 

 不動産購入前に旅館の可能性を知りたい。

 

 事業計画用にラフプランが欲しい

 

 旅館業営業許可を取得したい。

 

 用途変更の確認申請をしたい。

 

 事前に完成イメージをリアルに確認したい

 

 グレードを保って建設費を抑えたい。

  

 手抜き工事や施工ミスが心配。

 

 旅館営業開始までワンストップでやって欲し。



無料相談はこちら

03-6709-9490


無料相談は初回30分間とさせていただきます。


民泊専門 × 一級建築士 × ベテラン が効果的!

1 民泊専門はサーファ?

  旅館・ホテル・簡易宿所の営業許可を得るには、建築・消防・保健衛生に係る法律と自治体で異なる条例をクリアしなければなりません。いくつもの法令の条件を満足しながら、一方で事業性を高める計画でなければなりません。

 法令の波を乗りこなさないと事業を始めることもできません。

2 一級建築士はスーパーマン?

 一級建築士は建築の基本的知識を持つ資格者です。小さな旅館であっても特有の専門知識が必要になります。一級建築士だから任せて大丈夫とは必ずしも言えません。

 宿泊施設特有の「おもてなし」をデザインする能力の他に、役所との交渉、現場での職人への指示には建築の知識と技術が不可欠です。 

求められる施設の条件と限られた予算と工期で完成させなければなりません。

 ベテランの智恵

 経験はいろいろな場面で発揮されます。

設計では複雑でパズルです。経験と新たな発想で難問を短時間で解決します。 

改修工事では設計通りにできないことがあります。限られた工事の時間内では、現場で判断し、その場で指示をだすことも少なくありません。臨機応変には経験は欠かせません。



建築コンシェルジュ 3つの特徴

■ 上手い

勝ち残るビジネス

 デザインは大切ですが、デザイン過多では事業性を低下させます。価格競争に陥らない民泊ビジネスをデザインします。

 大切なのは事業者の強みを活かすことでしょう。

 

法令は遵守して

 法令には解釈の幅もあります。担当者と協議しながら事業性を高める工夫をします。

 


■ 早い

少数精鋭
    少数精鋭で意思決定が速い。ベテラン建築士と若手デザイナーがお互いの得意分野で力を発揮して相乗効果で業務を効率化させています。
デジタル・デザイン
    全員が最新の3D CADを使ってデザインします。VRを使い創造する空間をより正確に把握しながらデザインの精度を高めています。

■ 高い

空家をインバウンドビジネスへ
   空家・空室を民泊に換えて、観光ビジネスで稼いでくれる空間と経済に再生しています。
日本のよいものを世界へ
    日本の良さが海外で新たに評価されています。
    日本人の忘れかけたいいものを、新らしく価値あるものとして世界に伝えたい。
 
高いのは意識 FEEは・・・
    安かろう悪かろう。完成時の見栄えはいいけれど長持ちしない。それでは長続きできるビジネスにはなりません。
    高すぎず・安すぎず、でも 長期的なお得感は満載です。リピータのお客様が多いのも特徴です。


SERVICE FLOW



無料相談はこちら

03-6709-9490


無料相談は初回30分間とさせていただきます。


WORKS

事務所付住宅を簡易宿所に用途変更



2世帯住宅を旅館に用途変更



3階戸建住宅を旅館に用途変更




NEWS

TOPICS

  • 3階戸建住宅 旅館営業許可取得 ーSHIBUYA TOKYO OPEN
  • 3階も民泊が可能に 
  •  ASAKUSAにバリアフリーホテルがオープン

MEDIA