用途変更手続きは建築士に依頼しよう!

住宅や空き家を民泊ビジネスに活用する際、用途変更手続きが必要な場合があります。用途変更手続きは複雑で、知識がない人が行うには多くのリスクがあります。こちらでは、用途変更手続きを専門家に依頼するメリットをいくつか紹介しますので、ぜひご参考ください。

自分で用途変更手続きをする際のリスクとは?

自分で用途変更手続きをする際のリスクとは?

時間やコストの面で損害が出る可能性がある

用途変更は、思っている以上に複雑な手続きです。関連法規が複雑に絡み合っており、専門知識がないと解釈するのは難しいでしょう。

用途変更に関する知識は一朝一夕では習得できませんし、誤った申請を行ってしまうと大きな損害を被る可能性があります。

そのため、時間面でもコスト面でも専門家に依頼することをおすすめします。

必要書類の不足

用途変更手続きで最も重要なのは、必要書類を完璧に揃えることです。書類が不足していれば手続きを完了することはできませんし、それだけ手続きに時間がかかってしまうことになります。

何が必要なのか判断するためには専門的な知識が必要になるため、知識を兼ね備えた専門家に依頼することで手続きをスムーズに行うことができます。

本業への影響

用途変更手続きに時間と労力を取られてしまい、本業へマイナスの影響が出てしまうケースはよくみられます。特に空き家を活用した民泊ビジネスでは、一刻も早く収益を上げることは重要であるため、専門家に依頼してスムーズに手続きを終わらせましょう。

用途変更手続きは専門家に任せましょう!

用途変更手続きは専門家に任せましょう!

用途変更手続きは、複雑で難しいものになっています。そのため、用途変更手続きをしたことがない人が一からやると、かなりの時間と労力が必要になってきます。

本業をこなしながら、合間に必要書類を準備したり、申請書を作成したりするのは大変な作業です。仮に手続きを完了することができたとしても、かかった時間と労力を考えれば、始めから専門家に依頼しておいた方が効率的だと言えるでしょう。

専門家に用途変更手続きを依頼することでコストはかかってしまいますが、手続きをスムーズに終わらせることができるため負担が軽減されます。

東京エリアで民泊ビジネスを始めるために用途変更しようとお考えの方は、建築コンシェルジュ合同会社にご相談ください。用途変更や営業許可の申請代行はもちろん、施工業者の手配や工事監理、安全措置リストの作成などを行います。

旅館業専門の一級建築士として、ホステル・民泊の企画から運営までワンストップサービスいたしますので、民泊に詳しい建築士をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

民泊について建築士に相談するなら建築コンシェルジュ合同会社へ

会社名 一級建築士事務所建築コンシェルジュ合同会社
住所 〒160-0012 東京都新宿区南元町4−38 シャトレーヌ信濃町102
TEL 03-6709-9490
MAIL ai@ken-c.jp
URL http://www.ken-c.jp/
代表者 加地正人
従業員数 2人
設立 2009年3月
事業内容 宿泊施設の建築設計監理・用途変更・BIMコンサル
登録 一級建築士事務所
所属 東京中小企業家同友会