民泊ビジネスの概要と注目されている理由

皆さんは民泊ビジネスがどのようなものかご存知ですか?民泊は急増する観光客への対策だけではなく、日本の社会問題を解決する可能性も持っています。こちらでは民泊ビジネスについて説明しますので、ぜひご参考ください。

民泊ビジネスとは?

民泊ビジネスとは?

民泊ビジネスとは、住宅やマンションを旅行者に貸すことで利益を得るものです。物件の所有者は、使っていない物件を貸し出すことで利益を得ることができ、利用者はホテルや旅館に宿泊するよりも安価で宿泊できます。

「観光先進国」を目指す日本政府の様々な取り組みにより、日本を訪れる外国人観光客は増加しています。

しかしその一方で、急激な市場の拡大により宿泊施設の数が追い付いていないという現状があります。これに目をつけた方たちによって民泊ビジネスが開始され、現在爆発的に拡大しているのです。

空き家と民泊の関係性

日本では、「空き家」の増加が深刻な社会問題となっています。これを解決するため、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行されましたが、それでもまだまだ解決にはいたりません。そこで注目されたのが、空き家を活用した民泊ビジネスです。短期的かつ効果的に空き家を解消する手段として、政府は民泊ビジネスをサポートすることで空き家問題の解決を図っています。

民泊ビジネスがこんなに注目されている理由

民泊ビジネスがこんなに注目されている理由

日本における民泊ビジネスは、年々市場規模が拡大しています。そんな民泊ビジネスの成長には、法改正による規制の緩和が大きく関係しています。

2018年6月に、日本の観光業を促進するために政府により住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されました。この法律によって、今までは民泊ができなかった場所でも民泊ができるようになりました。

さらに、民泊に使用できる建物の基準も緩和され、民泊ビジネスがより展開しやすくなったのです。

今後さらに外国人観光客の増加が見込まれることから民泊の需要も高まると予想されるため、今から民泊ビジネスの参入を考えている方も多くいらっしゃいます。

民泊は、宿泊施設の不足と空き家の活用という2つの問題を解決してくれます。今後さらに民泊が拡大化することが予想されるため、興味があるという方は今のうちから民泊ビジネスの準備を行いましょう。

建築コンシェルジュ合同会社は、旅館業専門の一級建築士です。ホステルの動向・運営を熟知しており、それにもとづく空間をデザインいたします。用途変更の実績も多数持っているため、「戸建て住宅を旅館にしたい」「事務所を簡易宿所にしたい」という方もお気軽にご相談ください。

空き家を民泊に活用するなら建築コンシェルジュ合同会社へ

会社名 一級建築士事務所建築コンシェルジュ合同会社
住所 〒160-0012 東京都新宿区南元町4−38 シャトレーヌ信濃町102
TEL 03-6709-9490
MAIL ai@ken-c.jp
URL http://www.ken-c.jp/
代表者 加地正人
従業員数 2人
設立 2009年3月
事業内容 宿泊施設の建築設計監理・用途変更・BIMコンサル
登録 一級建築士事務所
所属 東京中小企業家同友会