合法民泊へ

 住宅宿泊事業法(通称:民泊新法)の施行によって、「年間180日の運営制限」を越えて、宿泊期間が1ヶ月未満の宿泊事業を行うためには旅館業の営業許可を取得しなければなりません。

 

 現在、オリンピックに向けた施設整備に向けた建設物価が上昇し高止まりの状態です。それを反映してか、既存建物の空きビルやワンルームマンションなど1棟まるごと宿泊施設に替える需要が高まっています。それを行うには、建築物の「用途変更」が必要になります。

 

 旅館業の営業許可を得るためには、保健所・消防署・建築課の基準を満たさなければなりません。

 旅館業の営業許可の取得と事業性の高い運営を目指して、設計と運営についてサポートさせて頂きます。

民泊の用途地域・用途変更について  ー関連コラムー

民泊(旅館業)ビジネスとは ー関連コラムー


Ecology & Economy, Smarter Architecture.

「建築を賢く創り 賢く使う」

 

一級建築士事務所 

建築コンシェルジュ合同会社  

 

ホテル・旅館設計 ・ 用途変更 

失敗しない建築のポイント